fc2ブログ

久し振りに書きます。

久し振りに書き込みます。
数年前からの持病の為に暫く書くのを控えて居りましたけど、
スポンサーサイト



「御寺」を落札! 果たして善人なのか? 悪人なのか? 

ここ最近ですが、鹿児島市の外れに所在する「小さい御寺」の「住職」が居なくなり、その後に競売に掛り、その「御寺」の近くの「土木会社」が「落札」すると云う御話しが御座いました。そして、僕は此の御話しで、三度驚く事と為りました!

最初は、この「土木会社」の代表者が近くの住民だと聞きましたので、「檀家」か「信者」で住職が消えて「御寺」が競売に掛り無くなったら、一大事だと考え、「御寺」や檀家や信者の為に「入札」に参加したのかなと「善意」の方向で感じ、凄く立派な御方が居るんだなと思って居ました。

だって、確か「競売」の「入札価格」は、100万円くらいだったのに、この土木会社は、「1000万円」で「落札」したのですから、驚きました。「入札価格」の「10倍」も出して「落札」するなんて、普通じゃ考えられませんよね。
まして、この「御寺」は建物だけで、土地は鹿児島県内の超有名な資産企業の所有なので、二度目の驚きですよ!

そして、三度目の驚きは、この「御寺」の消えた住職に幾ら貸したのか、詳細は不明ですが、御金を貸して「御寺」を差押えて、「競売」を申し立てたのは、なんと「落札」した「土木会社」の代表者でした。代表者個人が「競売」を申立て、自身が代表を務める法人に落札さしていたのです。

これって、明らかに何らかの思惑を持って、恣意的に御金を貸して返せないのを理解した上での事ですよね。
昔に「詐欺師」や「事件師」と云われる人達が、御金を貸して「土地・建物」に賃借権や占有を掛けて、取り上げてた「手法」に良く似て居ますよね。

そして、この「土木会社」の代表者に関しましては、地元を詳しく調査しましたら、過去に何度も同じ土木業界で似たような内容の事をしている事が判りました。言葉巧みに誘導されて、見せ金の如くに、数十万握らされて、恩義を感じた頃に手形や小切手を騙し取られて、会社を潰されたり、自宅を取られたり、極めつけは、「自殺者」まで出したりと、凄まじく酷い内容でした。

僕が思うには、この「土木会社」の代表者は、「御寺」の土地の所有者が鹿児島県内でも超有名な資産家企業で在る事から、最初から何らかの思惑・絵図を企んでいると思うのですが、皆様は如何に思われますか?
今月中には、もっと色々な詳細調査を終わらせて、この「土木会社」や代表者の実名を公表さして頂きます。

鹿児島県民の皆様も言葉巧みな「事件師」や「詐欺師」の連中には、充分に気を付けて下さいませ。
おかしいと思ったり、感じた時には、御近くの「警察署」や「弁護士事務所」に御相談下さい。

かわごろ様。篠の目様。善代官様。亀仙人様。マック様。名古屋くん様。博多ばい様。皆様ご心配を御掛け致しました。
今後とも宜しく御願い致します。

御心配を御掛け致しました。 再びに「ブログ再開」致します。

約半年間ですが、ブログ更新せずに色々と御心配を御掛け致しました。
この半年間、鹿児島政界・経済界・行政と実に目まぐるしく様々な動きが御座いましたね。
僕自身も実に色々な事が在りました。 良くも悪くも良い勉強をさして頂きました。

本日から再びに拙い文章ですけど、「弱虫くんの戦い」を再開さして頂きますので、今後とも宜しく御願い致します。

新年あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。

新年あけましておめでとうございます。本年も相変わらず、拙い文章ですけど、昨年同様に宜しくお願い申し上げます。
本年も鹿児島県民の皆様が知らない「不正・不法・腐敗や闇に隠れた数々の問題」を公表して行きたいと思います。

昨年末に少し触れました「旧第一勧業銀行高額小切手問題」と、新しく「鹿児島市内・調剤薬局不法問題」を少し書いてみたいと思います。
「旧第一勧業銀行振出・高額小切手問題」ですが、この問題は調べれば、調べる程に、首を傾げる内容ばかり出て来て、飛んでもない奴等だなと思う反面に馬鹿じゃないだろうかと思います。

まず、旧第一勧業銀行(現・みずほ銀行)から、金を騙し取ろうとした連中ですけど、鹿児島市皇徳寺に所在する不動産会社の代表者と宮崎県在住の3人なんですけど、なんと宮崎県在住の3人の中の2人は「夫婦」で在ります。
そして其の「夫婦」と云うのが「元宮崎大学農学部・准教授」と「其の中国人妻」なんです。この「元宮崎大学農学部・准教授」ですが、宮崎大学を「懲戒免職」になっているのです。懲戒免職になった理由は研究報告で「不正」をしたからです。研究者としては、絶対にしては為らない「在るまじき行為」を犯した訳です。
然し、考えたら恐ろしい世の中に為りましたよね。事件師や詐欺師と世間で云われる連中が、この小切手問題を起こしたのなら、考えられますけど、高学歴の研究者「元大学准教授」や「中国人妻」や普通の田舎の不動産会社「代表者」等の「普通の人」が、平然と銀行から金を騙し取る事を企むんですからね。

そもそも「旧第一勧業銀行」の「振出小切手・額面20億円」の小切手の「真贋」の程は未だに不明だが、例え偽造でなく本物で在っても「懲戒免職」に為った「元大学准教授」や年商2000万も行かない「不動産会社・代表者」が、まともな「商取引」で得たものでないのは、誰が考えても「明白」な事ですよね。まともな「商取引」なら「旧第一勧業銀行」でなく「みずほ銀行」でしょうし、わざわざ「中華人民共和国」に持ち出して「換金」する必要が無いでしょう。

ここで彼等が、この「旧第一勧業銀行振出」の「不正小切手」を換金する為に取った「経緯・現在」を書いてみたいと思います。
彼等は昨年の夏過ぎに「額面20億円」の「小切手」の存在情報を「入手」して、国外(中華人民共和国)に持ち出して、国外企業(政府企業)を巻き込んで、外国(中華人民共和国)の政府筋から日本に圧力を掛けて、不正換金すると云う計画を着々と企てました。これには「元大学准教授」の「中国人妻」の存在が在ったのと「不動産会社・代表者」が「別件事業」を中華人民共和国の武漢市で展開しようとしていた事と、当時の日本と中華人民共和国の間の微妙な緊張感を考えての事らしいです。

その後、秋初頭に「小切手」を入手し、10月初めに上海経由で「武漢市」に入り、兼ねてより打合せて在った「元大学准教授」の「中国人妻」の従兄弟に当たる「中国人弁護士」らと合流して、武漢市の政府筋の人間らと「小切手換金」の為に行動したのです。この実行に移るまでに「元大学准教授」や「不動産会社・代表者」らは、必ず「換金」して「大金」を手に出来ると信じて、中国人弁護士や武漢市の政府筋の人間に対して、日本円で約500万円近い「本当の大金」を渡していたのです。

そして「小切手」は武漢市の「みずほ銀行・武漢支店」や「みずほ銀行・香港九龍出帳所」を経由した挙句に「換金拒否(当然ですよね)」され、なんと日本国内の「中華人民共和国・福岡領事館」に在ると云うのです。これ何か、おかしい話しですよね。
「小切手」の「真贋」は別として、「換金拒否」された「小切手」は、事件性が無ければ、依頼人(持込者)に戻されますよね。
また事件性が在れば、司法当局に通報され「交換所・銀行保管」か「司法当局」が「証拠品」として「保管」致しますよね。
それが、どうして「中華人民共和国・福岡領事館」に在るのでしょうか? もし本当に「領事館」に「小切手」が在るのなら、あからさまに「中華人民共和国」の政府筋関係者(武漢市)の権力者が、この「不正換金」に関与していた事が「証明」できますよね。

僕は此の「旧第一勧業銀行」の「振出小切手20億円」が、本物だろうが、偽物だろうが、「真贋」には興味ないのです。
ただ今回の「問題」は、現在いろいろな意味で「日本と中華人民共和国」とは、酷い緊張感を持っている時に、相手国の政府筋関係者や人間を巻き込んで、いや組んでまで、金を騙し取ろうとした行為(行使)に腹が立ちます。
この「元宮崎大学農学部准教授・足立勝氏」や「中国人妻」たちと、一緒に悪質な「詐欺行為」に走った鹿児島市皇徳寺に所在する「不動産会社・代表者」は、薩摩の鹿児島の恥とまで思えて為りませんが、県民の皆様は如何に思われますか?

僕は此の問題は、警察庁警備局外事情報課や警視庁公安外事第二課アジア第三第6・7係が動いて、中華人民共和国と彼等の関係と彼等の犯した「詐欺未遂」を立件した方が良いと思うのです。
不正に入手した「小切手」を悪意の基に国外経由さして、換金しようとした行為は、既に詐欺未遂罪に該当すると思うのです。そして彼等のした行為は、実直で真面目な「日本人」の「名誉・誇り」を著しく傷附けるもので在り、決して見逃せる事でないと思うのです。この彼等のした事は、中華人民共和国内の一部で、云われも無い理由にて「日本」を批判する「反日派」よりも始末が悪いと思うのです。鹿児島県民の皆様は如何に思われますか?


次に新しい問題ですけど、鹿児島市内の谷山地域に調剤薬局を開業している「薬剤師」が、反社会的勢力組織の幹部や構成員に「闇金融」の資金を提供していると一昨年の夏頃から「情報提供」頂きまして、現在も詳細調査をしております。
この問題は「厚生労働省」の管轄管理の「薬剤師」が、地元の暴力団幹部や右翼関係者に対して、明らかに「闇金融目的」と知りながら、資金援助を提供していると云うものです。暴力団幹部と「薬剤師」は殆ど毎週くらい、市内の飲食店に於いて、報告を兼ねた飲食を共にしております。確か、昨年末には朝早くから市内の港湾内の食堂にて、飲食をしておりました。

「厚生労働省」でも「闇金融・悪質金融」に関して「注意」を呼びかけていますよね。確か「悪質な貸金業者(「偽装質屋」)に御注意してください(労災年金を受給されて皆様へ)」でも呼びかけながら管轄管理の「薬剤師」が、反社会勢力的組織と認定されている「暴力団」や「右翼団体」の幹部や構成員に「闇金融」の「原資」を資金援助しているのは、如何なものでしょうか? 「厚生労働省」や「薬剤師の任意団体」等には「マニフェスト」は存在しないのでしょうか? また「薬剤師」には、社会的道義責任等は存在しないのでしょうか?
この谷山地域で開業して居る「薬剤師」が「資金提供」を続ける限りは、鹿児島の暴力団組織の「闇金融」が無くなる事は無いですよね。
この問題は簡単に云うと、病気に罹った弱い人の御金と国の御金を喰い物にして、暴力団組織に流している構図ですよね。
御店、調剤薬局では、作った笑顔で病人に接して、裏では暴力団と結託して「不当利益」を得ている「悪徳商人」ですよ。

鹿児島県民の皆様、この様な「調剤薬局・薬剤師」を如何に思われますか? 鹿児島県に必要ですか? 

今年も一年間ありがとうございました。来年も宜しくお願い致します。

今年も残すところ後数時間ですね。今年も一年間、僕の拙いブログを観て頂いて誠にありがとうございました。
また、色々とコメントまで頂いて、本当に学ばして頂き、心から感謝しております。

まず、今年一番の鹿児島県の問題と云えば、不完全燃焼の形で終了した「鹿児島県・伊藤祐一郎知事」に対する「県知事解職・リコール署名運動」ですよね。
この「リコール署名運動問題」に関しましては、はっきり云いまして「不完全燃焼」的な部分に対して、正直なところ「賛否両論」の意見を御聞き致しますが、それは別として「署名運動」に協力して頂いた「勇気ある鹿児島県民」の皆様には、本当に心から感謝の御礼を云いたいと思います。ありがとうございました。
今後も鹿児島県の為に、県民の皆様が住み良い鹿児島県にする為に、県行政や県議会の県民を蔑にした県政に対して、県民の皆様の「声」を届けて行きましょう。

次に、来年の追及問題を「三点」書いて於きたいと思います。今年からの延長上の問題も在れば、いま調査中の問題もございますが、いずれも「鹿児島県」を舞台にしたり、鹿児島県在住の企業等が深く絡んだ問題で在り、どの問題も鹿児島県外の「国民」の皆様が知ると、鹿児島県の「恥」と受け取られる様な問題ばかりです。


1点目「鹿屋市長選挙」現職の島田芳博氏(65歳)に対して、元県農政部部長の中西茂氏(60歳)が立候補表明しておりますけど、この市長選挙の「争点」はなんでしょうかね? 鹿屋市と云えば、現在も鹿屋市議会で取り沙汰されている「農業生産法人有限会社いずみ商事」の「補助金不正交付問題」や農産物加工施設の「夢かのや」の「補助金不正交付問題」などの「鹿屋市役所」や「鹿屋市議会」の是正でしょうか? 一体何なんでしょうかね? 市民の生活向上を図るなら、まず「行政不正」を正すべきでしょう! 違いますかね? 行政の監視役たる市議会が監視役たる「機能」を停止させているんですからね。
あと、今回の「市長選挙」では「過去の遺物的」と云うか「老害」と云うか、未だに御自身の「影響力」を残したいと考えてる「前市長派」「前副市長派」が水面下で随分と暗躍しているみたいですね。何時までも欲深い強欲な人達ですよね。
そして、其れらの行方を探りながら「二枚舌」を巧みに使い「利権目当て」の「鹿屋市商工会議所」の関係者達など「世渡り」を通り越して「強欲・貪欲」と云わざるを得ないですよね。特に在る「会議所議員」の御仁などは、御自身が「利権」から外された時など、可愛さ余って憎さ百倍の「逆恨み」して、御自身が可愛がっていた後輩議員を潰すのに執念を燃やして居たと云う御話しまで聞いた事が在りますよ。
「鹿屋市役所」も「鹿屋市議会」も「鹿屋市商工会議所」の皆様も「市長選挙」を「金儲け」や「出世」の道具にせずに、鹿屋市民の為に「一生懸命」に真面目に取り組んで頂けないですかね? いいですか、「市民」在っての「鹿屋市」なんですよ!


2点目「旧第一勧業銀行小切手問題」この「旧第一勧業銀行小切手問題」は、1996年頃から「額面数百億」の旧第一勧業銀行振り出しの「小切手」が日本国内・国外を問わず出回っていると云う御話しです。
そして、この「小切手」の「真贋性」に附きましては、色々な声が聞かれますが、大方が「偽造小切手」と云われています。
2009年には、恐ろしい金額の「小切手」が韓国に持ち込まれたり、松本引越センターの元会長が至る所に持ち込んだりと随分と表面化したりしております。そして、この「小切手」に絡んでいる方達は、政治家・元政治家・反社会的勢力組織・右翼団体・事件師・詐欺師と多種多様に存在するのです。
そこで、何故に僕が此の「小切手」の問題に興味を持ち「在らゆる調査」を行って居るのかと申しますと、実は鹿児島市内の谷山方面に所在する企業の代表者が、宮崎県に在住する人物三名と「旧第一勧業銀行」の「振出小切手・額面20億円」を国外(中国)に持ち出して、国外企業(国営企業)を利用して「換金」しようと企んでいたのです。この「小切手」の「真贋」は別として、この鹿児島市内の企業代表者と宮崎県に在住の三名は、不正に入手した「小切手」を中国の政府企業を利用して「換金」する気だったみたいです。
然し、いまの日中関係を考えてみれば、飛んでもないことですよね。この時期に中国の政府企業と組んで、騙しで金を取ろうなど、考えるだけでも、許し難い行為ですよね。国民の皆様、そう思いませんか?


3点目「鹿児島市立長田中学校・部活動問題」この問題に附きましては「学校側」と「父兄」が「緊急保護者会」を催して「話し合い」が行われたみたいですけど、学校内最高権力者の「新村校長」が「生徒」や「父兄」の考えを理解しようとせず、厭くまでも「学校側」に「非」は無しで通してますから、「平行線」で何らの問題解決にも至らないようです。
既に「該当部活動」の「生徒」の中には「転校」すら「視野」に入れている「生徒」が出て来た始末です。
そこで、僕は「新村校長先生」や「鹿児島市教育委員会」の「窪園修委員長」と「石踊教育長」の「御三名」に御尋ね致したいのですが、鹿児島市の施策で打ち出している「鹿児島市スポーツ推進計画」の「趣旨・目的」と「施策体制の今後5年間の主要施策」を良く思い出して欲しいのですけど、「スポーツが人を育み結ぶ、かごしま市」これが「スローガン」でしたよね。
あと「学校教育」に関して、「こころの言の葉」「思いをつなぐ・言の葉」を発行してますよね。とても感動する内容の冊子ですよね。でも、貴方達は此れに目を通したこと在りますか? このような「御教育」をされていますか? 如何ですか?
子供達を蔑にして、御自身の保身や学校の体面ばかり取り繕うような事ばかりして、誰の為の何の指導・教育ですか?
もっと「眼」を開いて、もっと「耳」を傾けて、もっと「身体」で受け止めて、子供達の事を真剣に考えてみんですか?


それでは、国民の皆様。鹿児島県民の皆様。良い年を御迎え下さいませ。そして、来たる年が皆様にとって明るく希望に満ちた年で在りますように心から願っております。

プロフィール

弱虫くん

Author:弱虫くん
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR